税込11,000円以上のご購入で送料無料

träffa träffa (トレファトレファ)

Elisabeth Dunker

エリーサベット デュンケル
デザイナー / フォトグラファー / ビジュアルコミュニケーター
スウェーデン
sweden

エリーサベット デュンケルのデザイン

カーテン
テーブルクロス
クッション
生地

エリーサベット デュンケルElisabeth Dunker

Q. あなたのバックグラウンドを教えてください。 A. 私は、スウェーデンの Sandviken (サンドビーケン) の出身です。 2003 年より約 5 年間、スウェーデン第 2 の都市ヨーテボリにあるデザイン工芸大学 (HDK) で学びました。それ以前は、10 年間テレビ写真家として働いていました。 2007 年にブログ「Fine Little Day」を始めたのをきっかけに、同僚の Ulrika E. Engberg と一緒にブログと同名のブランドストア、Fine Little Day を始めました。 現在、私は Fine Little Day で、主にデザイナーおよび写真家としてビジュアルコミュニケーションを担当しています。 Fine Little Day は、沢山の企業とのコラボレーションをしています。 Q. なぜトレファトレファに参加したのですか? A. コンセプトと生地の素材感、そしてデジタルプリントの印刷技術が気に入ったからです。 Q. デザインのストーリーテリングを教えてください。 A. 私は、手作りの物をこよなく愛しています。 民俗芸術、素朴なアート作品、特に子供のアート。 フリーマーケットやセカンドハンドのお店を訪れたり、森の中を散歩したりすることでインスピレーションが湧きます。じっと座ってなんていられません。私は歩くこと、特に自然の中を歩くことが好きです。 森の中の散歩は、からだとこころの健康のためでもあります。 私が子供のころ、両親が私たち子供と「何か楽しいことをしたい」と思ったとき、私たちを森に連れて行ってくれました。 今でもこのことに感謝しています。 Q. 日本のみなさんにメッセージをお願いします。 A. 遊び心を持って、サスティナブルな生活を