traffa traffaトップ > デザイナー一覧 > Clara Von Zweigbergk

Clara Von Zweigbergk

Clara Von Zweigbergk

Q. あなたのバックグラウンドを教えてください。
A. 私は、スウェーデンのストックホルムで育ちました。
何人かの才能あるアートディレクターの元で、アシスタントとして非常に重要な年月を過ごした後、Beckmans School of Designでグラフィックデザインの研究を始め、その後アメリカのArt Center College of Designでデザインを学びました。

ストックホルムのRivieran Design Studioの共同設立者となり、その後ミラノのStudio Lissoniでシニアグラフィックデザイナーとして働いていました。 ミラノで数年間過ごした後ストックホルムに戻り、2007年に会社を再開しました。 2010年より、アートディレクター(フリーランス)およびグラフィックデザイナーとしてHAYと緊密なコラボレーションを行い、 ブランドのユニークで遊び心のある視覚的アイデンティティを確立しました。 私の作業分野は、主にグラフィックデザインとアートディレクションから、より多くの製品デザイン、パターンデザイン、テキスタイルまで拡大しました。 作品には美しいフォルム、色、手作業によるプロトタイピングが含まれています。 それらは、遊び心がありながら非常に魅力的です。

Q. なぜトレファトレファに参加したのですか?
A. まず一つ目に、私はトレファトレファにかかわる人々とコンセプトが気に入りました。
二つ目は、これまで紙にプリントするために沢山のパターンを作成していましたが、インテリアファブリック用にパターンを作成する機会を得たからです。
また、私のテキスタイルデザインがこれまでとは異なる分野で紹介され、広がっていくことが面白いと思いました。

Q. デザインのストーリーテリングを教えてください。
A. 2つパターンの作成には、同じ遊び心のある方法が使用されています。
Wavesはブラシと水彩で描かれています。最初のアイデアはまったく異なるものを描くことでしたが、色のテスト用に波模様を描いてみたところ、それがWavesとなったのです。

Lots of Dotsは、視覚の遊びであり、ドットと線のレイヤーを互いに組み合わせてコンピューターで作成し、適度の視覚的な錯覚を与えるサイズを見つけるために沢山のサイズでパターンをプリントしてみました。
ドットパターンは、見る距離によって見え方が異なります。 ある地点では、長方形でできているように見えたり、または落下しているように見えるような錯覚を与えることができます。より近い距離で見ると、明らかにドットと線が連なっているのが分かります。

私は、3Dプログラムを使用するのではなく、紙、粘土、発泡体、かぎ針編み、または縫製して製品を作り、それをスケッチします。 私は素材を探すことが好きで、私の製品のほとんどは、素材や技術を探求することに興味を持つところから始まります。
いつも作業を始めた時には、どんなものを作るのか明確な考えを持っていません。 1つの思考から、作業、テストと進み、それが徐々にアイデアとしてまとまって、形となって行きます。

受賞歴 / Awards
2012年 Wallpaper Design Award
2012年 Swedish Design S Award
2016年 Bruno Mathsson Award
2016年 Designer of the Year, RUM Magazine

1. Background
Born and raised in Stockholm, Sweden. After a very significant year as an assistant to several talented art directors, she started graphic design studies at Beckmans School of Design, then later at Art Center College of Design in USA. Clara was co-founder of Rivieran Design Studio in Stockholm and then worked as a senior graphic designer at Studio Lissoni in Milan. After spending several years in Milan, Clara came back to Stockholm where she re-opened her company in 2007. Since 2010, Clara has had a close collaboration with HAY as an art director (Freelance) and graphic designer, where she has been forming the unique and playful visual identity of the brand. Her working field/typology expanded from mainly graphic design and art direction to include more product design, pattern design and textiles. Her work usually contains clean shapes, colors and manual prototyping. We all recognize her playful yet very attractive designs.

2. Why did you decide to cooperate with traffa traffa?
First of all, I instantly liked the people of traffa traffa and their concept.
Secondarily, I have done a lot of patterns for paper print and was excited about the opportunity to make them for textiles. I was very thrilled to see my designs in textile also knowing it may extend my design to be used in different media than before.

3. What is the storytelling for your design at this moment?
The same playful method has been used to create the patterns for Traffa Traffa. The waves are drawn with a brush and watercolor, where the first idea was to draw something totally different, but testing the colors in waves. These tests then became the pattern.

The dots were more an optical play, created in the computer combining layers of dots and lines onto each other and printed out in many sizes in order to find the one that gave the right doze of optical confusion. Not too much, but still a little. The dot pattern will appear different depending on your distance to it. At some point it can give you an optical illusion of being made of rectangles, or falling drops, while at a closer distance it is clearly lines and rows of dots.

I sketch on products by building them in paper, clay or foam, crochet or sewn, rather than use 3D programs. I like to play and most of my products start off by an interest in exploring a material or a technique. I usually do not have a clear idea of what should come out of it when I start. I guess it is called an organic process, you follow one thought/impulse/test which leads to another, to be merged with a third, and tenth, and so on.